プレマリン錠の正規品通販情報、買う前に注意しておきたい効果・副作用・口コミ

プレマリン錠の正規品通販情報、買う前に注意しておきたい効果・副作用・口コミ

 

プレマリン錠の正規品通販情報、買う前に注意しておきたい効果・副作用をまとめています。

 

プレマリン錠の効果やメカニズム、特徴をまとめてみた

 

皆さんはプレマリン(PREMARIN)と呼ばれるお薬をご存知ですか?

 

プレマリンとは女性のための内服薬で、結合性エストロゲン製剤の一種です。

 

プレマリンの中には女性ホルモンのエストロゲンが含まれていますので、卵巣機能の低下による不快な症状を改善する効果が期待できますよ。

 

女性は閉経すると女性ホルモンの低下で更年期障害で悩まされやすく、引き起こされる代表的な症状を見ていきましょう。

 

<精神系症状>
・イライラ
・不眠
・憂鬱
・集中力の低下

 

<血管運動神経系症状>
・のぼせ
・火照り
・発汗
・息切れ

 

<皮膚系の症状>
・粘膜の乾燥
・ドライマウス
・湿疹

 

<消化器系症状>
・食欲不振
・吐き気
・便秘
・下痢

 

身体的な症状から精神的な症状まで様々で、更年期障害によって日常生活に支障を来たすケースも少なくありません。

 

プレマリン錠を服用すればエストロゲン(卵胞ホルモン)を補うことができるため、更年期障害の治療で用いられているのです。

 

以下では、プレマリンで更年期障害による不快な症状が和らぐメカニズムをまとめてみました。

 

@プレマリンの中には有効成分の結合型エストロゲンが入っている
A錠剤を服用すると体内でエストラジオールに変換される
B加齢によるエストロゲン(卵胞ホルモン)の低下を改善できる

 

ホルモンバランスの乱れによる様々な症状に効果的なのがプレマリンのメリットですね。

 

プレマリン錠は不妊治療にも使用されている薬

 

プレマリンは更年期障害の改善だけではなく、不妊治療としても用いられています。

 

不妊の原因は多種多様ですので一概には説明できませんが、卵巣機能不全症の女性にプレマリンは効果的です。

 

卵巣機能不全症が一体どのような病気なのか簡単に説明していきます。

 

@女性の卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが作り出されている
Aストレスや過度のダイエットが引き金で自律神経が乱れやすくなる
B脳から卵巣への指令が上手く出せなくなって女性ホルモンの分泌に異常が出る
C卵巣機能不全症を発症して無月経や無排卵の状態が続く
D子宮内膜が維持されなくなったり受精卵が着床しなくなったりして、妊娠しづらい体質になる

 

病院やクリニックで不妊治療を受けて、卵巣機能不全症と診断される女性は少なくありません。

 

プレマリンは女性ホルモンを補って卵巣の機能低下を防ぐ効果があるため、卵巣機能不全症の治療にも役立ちます。

 

他にも、「膣への潤い供給」「膣の弾力性維持」「子宮内膜からの出血」「月経リズムの回復」といった作用もありますので、不妊で悩んでいる女性はプレマリンを服用してみましょう。

 

プレマリンを服用する前に押さえておきたい注意点

 

プレマリンはサプリメントではなく医薬品です。

 

そのため、プレマリンを服用する前に、いくつかの注意点について押さえておく必要があります。

 

更年期障害の緩和や不妊治療に役立つ医薬品ですが、正しい知識を得てから飲み始めるようにしてください。

 

副作用のリスクがある

 

プレマリンの服用で更年期障害の緩和や不妊治療といった効果が得られるのは、卵胞ホルモンを補えるのが理由です。

 

しかし、プレマリンは医薬品に分類されるため、下記の副作用のリスクがありますよ。

 

・乳房の張りや痛み
・予定外の出血
・吐き気や嘔吐
・食欲不振
・手足のむくみ
・血栓症(痺れ・突然の息切れ・目の痛み)

 

プレマリンを中心とする女性ホルモン剤は血液が固まりやすくなる作用がありますので、個人の体質によっては血栓症が引き起こされます。

 

下肢の痛みやむくみ、息切れといった症状が続く場合は副作用が考えられますので、早めにクリニックや病院を受診して医師に相談しましょう。

 

飲んではいけない人がいる

 

プレマリンは女性であれば誰もが服用できるお薬ではありません。

 

下記に該当する方はプレマリンを服用できないと決められていますので、事前にチェックしておくべきです。

 

・乳がんや子宮内膜癌などのエストロゲン依存性腫瘍の疑いがある
・血栓性静脈炎や肺塞栓症、またはその既往歴がある
・冠動脈性心疾患や脳卒中などの動脈性の血栓塞栓疾患を患っている
・プレマリンの成分に対して過敏症の既往歴がある(アレルギーを持っている)
・妊娠、または妊娠している可能性がある
・重篤な肝機能障害を患っている
・診断の確定していない異常性器出血がある
・未治療の子宮内膜増殖症がある

 

他にも、「子宮内膜症のある方」「子宮筋腫のある方」「てんかんのある方」「糖尿病の方」は、プレマリンの服用で症状の悪化に繋がる恐れがあります。

 

自分がプレマリンを飲めるのかどうかわからない女性は、自己判断で服用せずに専門医の指示を仰ぐべきです。

 

プレマリンの効果をしっかりと感じる正しい飲み方

 

プレマリンの効果をしっかりと感じたいのであれば、正しい飲み方で服用しないといけません。

 

間違った飲み方で効果が薄れたり副作用のリスクが上がったりするのは、他の内服薬でも一緒ですね。

 

まず最初に、改善したい症状別でプレマリンの服用量を見ていきましょう。

 

・卵巣機能不全の治療や更年期障害の対策など、エストロゲン作用を補う目的の場合は1日に0.625mg〜1.25mg(1錠〜2錠)
・機能性子宮出血や腟炎の治療で服用する場合は、1日に0.625mg〜3.75mg(1錠〜3錠)

 

服用するタイミングについては明確に決まっていませんが、改善したい症状に合わせて目安量が指定されています。

 

しかし、年齢や症状によってベストなプレマリンの服用量は調整されますので、不安な女性はかかりつけの医師に尋ねてみてください。

 

プレマリンを飲み忘れた時はどうする?

 

プレマリンを飲み忘れてしまった時に、どのような対処をすれば良いのかまとめてみました。

 

・飲み忘れに気付いたタイミングで適切な量を服用する
・次の服用時間が近付いている時は飲み忘れた分はそのままにする
・一度に2回分のプレマリンを服用してはいけない

 

基本的には24時間のサイクルでプレマリンを飲み続けないといけません。

 

数時間のズレであれば飲み忘れた時に服用すればOKですが、まとめて2日分を飲むのは危険です。

 

飲む量に比例した効果を実感できるような医薬品ではありませんので、プレマリンは適量を毎日継続する必要があると心得ておいてください。

 

プレマリン錠の口コミや評判はどう?

 

プレマリンはサプリメントではなく医薬品ですので、服用するに当たって不安を抱えている女性は多いのではないでしょうか。

 

ここではプレマリンの口コミや評判の情報を紹介していますので、飲む前の参考にしてみてください。

 

▲プレマリンの良い口コミや評判

 

・更年期障害によるホットフラッシュや頭痛が酷かったので、プレマリンを服用してみることにしました。少し時間はかかりましたが、数週間程度が経過して大分症状が回復しています。特に副作用は出ていませんので、プレマリンは用量や用法さえ守っていれば安全ですね。

 

・市販の女性ホルモン剤よりも、圧倒的にプレマリンの方が効きます。身体的にも精神的にも落ち着きを取り戻すことに成功しました。クリニックで処方してもらうと高いものの、個人輸入代行サイトなら料金が安くて金銭的な負担はありませんよ。

 

・自分が利用した通販サイトは届くまでに時間がかかったけど、プレマリン自体には満足している。市販品よりホルモンバランスを整える力が強いからなのか、生理痛が和らいでスムーズに仕事ができているよ。更年期予防にもなるみたいだから、このまま定期的にプレマリンを服用するつもり!

 

・以前にエストロモンを飲んでいましたが、総合的な効き目はプレマリンの方が強いように感じました。効き方が長くてくまなく抜けないという感じで、体調不良で悩まされる日が明らかに減っています。肌の乾燥が和らいでツヤも出ていますので、プレマリンは美容目的でも役立つお薬なのではないでしょうか。

 

・最初はジェネリックを検討していたものの、正規品が良かったのでプレマリンを服用することにしました。プレマリンは想像していたよりも効果が高く、身体のだるさや倦怠感の症状が軽減しています。些細なことでイライラすることもなくなりましたので、更年期障害の予防におすすめです。

 

・病院での処方よりも安かったので、個人輸入代行サイトでプレマリンを購入しています。飲み始めてからしばらくが経過し、PMSが楽になっている効果を実感しました。痛みや吐き気などの症状が和らいでいますので、快適な日常生活を送る上でプレマリンは欠かせませんね。

 

▲プレマリンの悪い口コミや評判

 

・「汗がダラダラと出ておさまらない」「手足の裏が変な感じに火照る」「何もないのにイラついてしまう」と、更年期障害の症状で悩んでいました。友人からホルモン剤が良いと聞いてプレマリンを飲んでみましたが、特に大きな効果や変化は実感できていません。飲んでも飲まなくても変わらないので、プレマリンは自分の体質に合っていなかったようです。

 

・かかりつけの医師から正しい飲み方について伺っていましたので、副作用は特にありませんでした。ただ、プレマリンを飲み続けても不妊の改善には至っていません。不妊改善効果は低い気がしますので、他の治療に移行すべきか考えています。

 

・プレモンの効果に疑問を感じましたので、少し割高なプレマリンをオオサカ堂で購入してみました。これといって凄く良い感じはなく、プレモンと一緒ですね。女性ホルモンを補う点では一緒ですので、費用対効果でプレマリンよりもプレモンの方が良い気がします。

 

●まとめ

 

辛い更年期障害の症状や不妊治療として、女性ホルモン剤のプレマリンは役立ちます。

 

女性ホルモンの卵胞ホルモンを補うことにより、ホルモンバランスが整って様々な不快な症状を軽減できるメカニズムですね。

 

正しい飲み方や副作用のリスクを知った上で服用すれば安全性の高いお薬ですので、個人輸入代行サイトのオオサカ堂でプレマリンを購入してみてください。